野球用具専門メーカー ワールドペガサス
world pegasus
  • TOP
  • > コンセプト

CONCEPT

コンセプト

プレーヤーに選ばれ、
愛され、使い続けられるグラブとは?

この難題と闘い続け、常に最高の逸品を追い求めて35年になります。
野球のグラブは、動物の皮を使用しているため、同型であっても同じモノはひとつもありません。
メーカーから一旦完成とされた新品のグラブは、プレーヤーの手によって魂を宿し、
使い込まれるほどにその人の味に染まった究極のグラブへと近づいていきます。
自分の手と一体化し、意図する捕球を完璧にこなすグラブは、野球のルールやプレーが日々改正されると同様に、進化し続け、終わりはありません。

進化するグラブにおいて、改良のヒントは常にグラウンドから教わり、プレーする選手を観察する中でひらめいたものばかりです。
守備でよく言われる「グラブを立てる」という動きは、理論上の理屈と、捕球するグラブとの的確なリンクや連携がなければスムーズにいきません。
グラウンドとグラブの角度が、プレーヤーのアクションに最適かどうかがポイントで、大量のデータ分析やプレーヤー調査による徹底的なリニューアルの結果、想像をはるかに超える売上を記録した商品もあります。

これまで、さまざまな打球や送球を確実に処理することを最優先にさせたモデルや、トッププロのリクエストに応えたカスタム・メイドを一般プレーヤーに最適化させたモデルなど、ありとあらゆるグラブを創作してきました。今まで携わったグラブ製造の総数は200万個強になりますが、まだまだグラウンドに足を運び、研究し尽さなければならないと思っています。プレーヤーを選ばず、プレーヤーから選ばれる質の高い理想のグラブ、それは「西島」という刻印の誇りでもあります。

1965年 (昭和40年) 創業のワールドペガサスは、全世界のベースボールプレーヤーに愛され、支持されるグラブの最高峰ブランドとして、一切の妥協をすることなく日々精進し挑戦していきます。
ワールドペガサス クラフトマン 西島唯博

BRAND

グラブブランド

スペシャルオーダー

スペシャルオーダー 桑田真澄モデル

桑田氏のこだわりを細部まで再現した復刻モデル

背面バンド部 直刺しゅうマーク
革へのこだわり
・なめらかな表面のタッチを可能にした鞣製方法。
・革本来の色に近いコルクカラーを採用。
ポケットへのこだわり
・深めの型を追求し、業界唯一であるハミダシを入れたポケットを採用。
ヒールへのこだわり
・投手であっても野手としての役割も重視。
 するどい打球も処理できるよう、ヒール部分を広く設定。
手入れ感、大きさ、質量ともに理想的なグラブで、 現役時代に使用していたグラブと遜色ない出来栄えです。 桑田氏談
グランドペガサス

グランドペガサス

それぞれのステージで頂点を目指すための材料選択・型設計を行った、
理想を追求したトップシリーズ

・捕球からスローイングへのスムーズな移行がより実現可能な型設計でさまざまなプレーに対応。
・日々使い込まれることを想定し、型のくずれにも配慮。
・北海道旭川地方で厳選された新鮮な和牛の原皮を独自レシピで鞣した革を開発。 (硬式)
クラフトマン西島監修モデル
西島自ら企画、開発、品質チェックを行い、合格品のみ「西島」刻印を焼印加工したこだわりの一品。
T.H.W(サム・ホールド・ラップ)親指構造
クラフトマン西島が2002 年に開発し改良を重ねた「親指押さえ紐単独構造」を採用したT.H.W (サム・ホールド・ラップ) 親指構造を搭載。
親指自体を、親指掛けと押さえ紐で親指芯上に固定したため、親指先までロスなく力を伝達。
親指押さえ紐 (写真ブルーレース) 自体が単独構造のため、ポケット面レースが劣化・切損の際、その紐のみ簡単に交換可能。従来のポケットレース・ヒールレース交換が不要のため、型変化の抑制に効果的。
表平裏貼補強
厚み調整によりヘタリ軽減。
グランドデビル

グランドデビル

中学野球から高校野球へのスムーズな移行を考慮した
一歩先を見据えるプレーヤー向けシリーズ

・New 軟式ボール、硬式球、どちらでも使用可能な耐久性を保持。
・「まずはしっかりと捕ること」を重視し、掌が大きく開くパーム形深め設計。
 バット性能の向上により年々上がる打球速度に対応。
・深め設計ながら、ポケット位置はゴロ捕球対応スタイルに設定。
親指掛けロングバンド方式
硬式用同様、親指芯の角度調整が容易かつ単独パーツのため親指接触部の劣化時も交換が可能。
親指芯を固定しているので、強い打球へも対応可能。
表平裏貼補強
厚み調整によりヘタリ軽減。
フィールドマスター

フィールドマスター

硬式・軟式によって仕様が異なるさまざまなプレーヤーに
対応したエントリー&エンジョイモデル

<硬式>
・ガッチリ捕球することを重視した深め設計で、日々の使い込みを考慮し耐久性を保持。
・硬式野球エントリープレーヤー、ソフトボールプレーヤー、軟式野球プレーヤー向け。
<軟式>
・ポケットが成形されており、柔軟皮革を使用したすぐ使える即戦力仕様。
・柔軟仕様なので、使用頻度が少ない小学生や一般軟式プレーヤー向け。
親指掛けロングバンド方式
硬式用同様、親指芯の角度調整が容易かつ単独パーツのため親指接触部の劣化時も交換が可能。
親指芯を固定しているので、強い打球へも対応可能
表平裏貼補強
厚み調整によりヘタリ軽減。

STAFF

開発スタッフ

桑田真澄
グラブアドバイザー 桑田真澄 Kuwata Masumi
Profile
野球の名門、PL学園高等学校で、1 年生からエースとして活躍。
甲子園に5季連続出場し、2度の優勝を成し遂げる。1986年にドラフト 1 位で読売巨人軍に入団。長きに渡りエースとして活躍をし、通算173勝。
沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀防御率、最多奪三振などのタイトルを獲得。2006年米大リーグ挑戦を表明し、2007年にピッツバーグ・パイレーツでメジャー初登板を果たす。
現役引退後は執筆活動、大学院での研究、テレビの野球解説をはじめ、講演活動や野球教室で全国に足を運んでいる。
2018年から現役時代に愛用しアドバイザーを担っていたワールドペガサスのグラブアドバイザーに再就任。
豊富な知識と独自の野球理論で、グラブ開発に携わっている。
バットアドバイザー 荒井幸雄 Arai Yukio
Profile
アマチュア時代は横浜商、日本石油でプレーし、1984年ロサンゼルス五輪では日本代表の四番として金メダルを獲得。
1986年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。2年目に打率.301を記録し、新人王のタイトルを獲得。
1992年には日本一に貢献した。その後、近鉄バファローズ、横浜ベイスターズに移籍し、2000年に現役を引退してからは東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、読売巨人軍でコーチを歴任。
現在はジャイアンツアカデミーのコーチとして子どもたちの指導にあたる。
荒井幸雄
西島唯博
プロダクトマイスター 西島唯博 Nishijima Tadahiro
Profile
少年硬式野球リーグに小学3年生から所属し、中学硬式野球、高校硬式野球、大学硬式野球を経て1983年に株式会社アシックスに入社。
当時ライセンス契約を結んでいた米国有名ブランドのローリングスの総合販売担当から後にグラブ専任企画開発を担う。
その後グラブを中心にその他商品群の企画開発にも携わり、ライセンス契約終了後はローリングスジャパン合同会社に移籍、企画開発を継続し中核を担う。
2017年中期からワールドペガサス社に入社し、2018商品は一部商品を除き全て西島が企画開発を行っている。
※ ローリングスは、ローリングス・スポーティング・グッズ・カンパニー・インコーポレーションの登録商標です。